PROFILE

ZERO 2018summer

森本龍太郎が「Ryu」としてメインボーカルを務めるダンスボーカルユニット「ZERO」
2018年より969 JAM LABELのマスターピースとしてシーンを席巻している。

2015年
Ryu(森本龍太郎)の呼びかけにより、高校時代からの友人だったRyo(Rap&Vo)、T_Y(Rap)、KENT(Vo)、Ta2ya(Rap)と共にダンスボーカルユニット「ZERO」を結成。2~3ヶ月に1回のペースでファンミーティングを開催し、毎回300名を超えるファンを集客。

2016年
総合格闘技団体「PANCRASE / パンクラス」代表の酒井正和氏がZEROの活動をサポートするべく設立した音楽レーベル「smash01」に所属し、クラウドファンディングでファースト音源制作資金の目標額を達成。サウンドプロデューサーに元HIGH and MIGHTY COLORのギタリスト・平織和人を迎え、3曲入りのシングルを制作。8月には2日間3公演となるファーストライブを渋谷WOMBで行い全てソールドアウト。続く9月に台湾政府主催のライヴイベントに参加。全体動員数1万5千人を前にライブを行い、帰国後には東京、名古屋、大阪ツアー決行。その後T_Yが脱退するが、10月には渋谷WOMBにてワンマン追加公演を行い、海外からのファンも駆けつけソールドアウト。同時期にパセラリゾート、バッテリーエナジードリンク共同イベントに楽曲提供。12月に結成1周年ライブを渋谷WOMBで行う。(ソールドアウト)

2017年
初のミニアルバム『Answer』をタワーレコード限定で6月23日にリリースし、オリコン・デイリーアルバム ランキング14位、タワーレコード全店総合アルバムチャート2位を獲得する。その後名古屋、大阪、福岡で単独リリースツアーを行い、ツアーファイナルのイベントをTokyo FMホールで単独公演を行う。

2018年
更なるステップアップを目指しsmash01を卒業し、4月より969 JAM LABELと契約。